本文へ移動

カスタマイズ

パドックⅢ カスタマイズ計画 ブログ

検証Ⅱ・SRエキゾーストパイプ

2021-06-02
新Vrエキゾーストパイプ
補修後フロントEXパイプ
パドックⅢSR エンジン始動
 新しいエキゾーストパイプに合わせた燃調セッティングを進めてきたSRですが、ずいぶんとまとまって来ました。

 1stテスト後、ジェットニードルのテーパー角を変更(F=1.25゜からE=1.00゜へ戻して)して、切り上がり寸法の短い(MからFへ)シリーズを用いてスロットル中開度域(1/2~3/4)を重点的にセッティングを煮つめました。キャブレターセッティングの常で、各パーツ(ジェット類)はそれぞれの受け持ち範囲は有るものの前後に影響し合っているため、一定範囲の燃調が良くなってくると前後も見直す必要が出てきて、ほぼ全ての範囲をセッティング変更することに至りました。
 最終的に、以前(旧バージョンEXパイプ)に対して、低開度域は小さ目(燃料を減量)に中開度後半(3/4)~全開域が大き目(増量)になりました。

 数回のテスト/セッティングを重ねて、おおむね良いセッティングが出たところ(5月下旬)で、新Vr.エキゾーストパイプの実力を本格的に検証します。
 低回転域(2000~4000rpm)でのトルクが僅かに落ちたものの、実用性には問題とならない程度(4速2000rpmで巡行出来、そこからスムーズに加速可能=5速では2500rpm)です。目標である高回転域では明らかに回転の伸びが良くなっていました。2~3速であれば、7500rpmを超えても急激なパワーダウンは無く、このエンジンで始めて8000rpmまで回せるように(4速以上ではテスト未実施)になりました。中回転域(4000~6000rpm)は以前とほぼ変わらないか、僅かに上がったかと感じる程度で、6000rpmを超えた辺りから一段高いパワーが出始めて8000rpm超まで回るようです。パワーの盛り上がりから、ピーク(最高出力の出る回転数)は7500rpm位だと思われます。
 エンジン自体が、8000rpm以上にどこまで耐えられるか疑問なので、当面は回さないようにします。

 実際のワインディング路の走行では、コーナー立ち上がりの加速を始めた(スロットルを開け始めた)ところは大きな変化は無いものの、全開にして本格的な加速に移った頃からの加速力が増して、スピードの乗りが良くなっていきます。特にシフトアップして高回転での全開加速を続ける場面では、次コーナー進入時点での到達スピードが高くなって、以前より長いハードブレーキングが必要となりました。

 もっと高い回転域でしか本領を発揮しないかも?と心配をしていましたが、充分に目標とする結果を得られてホッとしました。欲を言えば中回転域(4000rpm~)でのトルクも増していたらと思いましたが、そこは今後の課題としてエンジン本体の仕様変更を含めて考えていこうと思っています。 

 出力以外では、バンク角対策が功を奏して、右コーナーでエキゾーストパイプを路面に擦ることが無くなり(ワインディング路では)、気にせずに走れるようになりました。

※添付した動画では、タコメーターの指針の動きが、実際のエンジン回転の変動にマッチしていない様子が映っているようです。点火パルスを感知するパルスジェネレーターに不調が出始めたか、撮影時に試験中のLEDヘッドライトバルブの何らかの影響が出たものなのか、現在解明中です。

 


パドックⅢ
〒682-0803
鳥取県倉吉市見日町587
TEL.0858-22-6693
FAX.0858-22-8006

オートバイ(新車、中古車)販売・修理
カスタマイズ

TOPへ戻る