本文へ移動

カスタマイズ

カスタマイズについて

カスタマイズ事例

番外編(エンジンスターター)
番外編(エンジンスターター)
 ホンダ製スクーター(トゥデイ)のエンジンユニットを使用して製作したエンジンスターターですので、カスタマイズ番外編として掲載しました。
 現在ではモトGP等でもお馴染みになっているエンジンスターターですが、4stレーシングマシン(セルモーターの付いていない)のエンジン始動に使用するだけでは無く、トラブルでエンジンが掛からない場合の故障診断にも役立ちます。
 5~6年前に製作していたのですが、あまり使用していない時期があり、エンジンを他の車両の修理に使ってしまいエンジンの無い状態だったのですが、最近、多少修理をすれば使用可能なエンジンを入手したので復活させました。
 
 以前、使用していた際には、トゥデイの純正ホイールにハイグリップタイヤを使っていたのですが、細くてプロファイルの丸いタイヤでは、正確に中心に押し当てないとタイヤがずれてしまい使い難かったので、改良することにしました。レーシングカート用のタイヤ・ホイールが望ましかったのですが、フィッティングが難しそうでしたので、ホンダ・ジャイロX(3輪)のリヤホイールを流用しました。
 トゥデイのホイールのハブ部分とジャイロのホイールのリム部分を合体させています。タイヤは低温でのグリップの良いスタッドレスタイヤにしてみました。(雪国ならでは)
 ちなみに、ヘッドライトも装備して、夜間の屋外での使用時も便利です。(大部分しゃれですが)
 
※2019年2月仕様変更
 上記の仕様で、2サイクル車やライトチューンのSR400などの、エンジン始動に時折使用していましたが、当店のデモカーSRに使ったところ、タイヤが滑ってしまい始動出来ませんでした。2018年末にかけて、ようやくビッグフィン仕様シリンダーヘッドの燃焼室加工が出来上がり、カムシャフトも変更して組直したので使ってみたのですが、高圧縮なシングルエンジンの抵抗には、グリップ力が足らなくなったようです。そこで以前に断念していた、レーシングカート用タイヤ・ホイールの装着を、真剣に考えることにしました。
 
 とりあえず、装着出来そうなのは、幅の狭いフロントホイールでベアリング内蔵ではないタイプだと考えられるので、中古品を入手しました。4.5インチ幅で径が5インチ(最も標準的なもののようです)のホイールで、前回加工したホイールハブがぎりぎり内側に入ることが判りました。あとはジャイロ用よりは複雑な形状になるものの、アタッチメントを製作してカート用タイヤが装着可能になりました。若干、本体フレームに干渉する部分を加工して完成です。
 
 この仕様を試したところ、ギヤを3速にしても、しっかり滑らずに回すことが出来、エンジンを始動することが出来ました。今回のSRのように、エンジンの仕様が変わった場合、キャブレターの燃調にズレが生じて始動性も悪くなってしまいます。燃調の調整(キャブセッティング)は、燃焼状態を判断して行うものなので、多少不調な状況でもエンジンを始動してしまえる、エンジンスターターは重宝します

カスタマイズ テスト報告

KTM RC390 カスタマイズ計画

排気系編Ⅱ

2018-05-21
 1本目のエキゾーストのテーマは、センターアップマフラーにすることでした。サイレンサーをシートカウル真下に配置することで、ランプ類やナンバープレートとのバランスを優先させてのことです。結果、タイヤとのクリアランスを確保するために、当初の設計に対して、60.8mm径のテールパイプを伸ばして後方にサイレンサーを設置することになりました。
 
 もとより、リヤショックを迂回する為、長目の設計なのが更に長くなり、性能的にアンバランスであろうとは懸念されました。シングルエンジンのエキゾーストシステムにおいて、全体の管長もさることながら、脈動効果に影響するのは明らかでしたが、そこは、試作のつもりで作ってみました。
 燃調のセッティングが進むと、低回転から中回転へ向かう域でのトルクやレスポンスが良くなっていくのに比べ、その上の回転域ではあまり良くならず、パンチや回転の伸びに欠ける特性に感じるようになりました。
 
 そこで、2本目では、前半のエキゾーストパイプと、テールパイプのテーパー部まではそのままで、60.8mm径の部分を出来るだけ短くしたものを製作しました。サイレンサーは右リヤフレームの真下に沿う程度のサイドアップタイプとして、タイヤに干渉しないようになっています。1本目と比較すると、かなり短くなったのが判ります。(画像左・手前が新作)
 
 現在までに、2度試走して、セッティングを進めていますが、燃調にも影響は現れ、下の回転域では従来より薄めに、上の回転域濃い目に調整していっています。必ずしも燃調の方向性がパワーの出方に直結するわけではないのですが、低回転域のトルクはやや弱く、高回転域では高まって、伸びも良くなっているようです。
 まだ詰めたセットは出していませんが、効果を見極めて次に進めたいと思います。あらためて、マフラーメーカーさんのたいへんさが解ります。
パドックⅢ
〒682-0803
鳥取県倉吉市見日町587
TEL.0858-22-6693
FAX.0858-22-8006

オートバイ(新車、中古車)販売・修理
カスタマイズ

TOPへ戻る